第41回大会に向けて

 昨年は、第40回記念の大会ということで各チームにご協力を頂き、無事大会を終了することが出来ました。ありがとうございました。
記念の年ということで、1部から4部までの混成で4チームを作り対戦したわけですが、誰が1部の選手なのか4部の選手なのか分からない程、堂々とした戦いぶりでした。参加した選手には記念品、応援をしてくれた子供・家族には、お菓子等を配りました。なんといっても選手の皆さんにもお手伝いを頂いた、焼き鳥が好評でした。機会があれば又やりたい、と多くの選手の感想でした。参加した人達の意見を参考に今後、協会としてもオールスター戦を考えていきたいと思っております。

さて、昨年も少しお話しました「コミセングランド利活用検討委員会」が今年5回開催され、この検討委員会に野球協会も委員の一員として参画しております。清田公園・あしりべつ川を含んで一体となる活用方法等が考えられ検討されてきました。この構想でいきますと野球グランドは、2面あるのが1面になります。協会としては、このようなことになると、現在の試合数を維持できなくなり、多くのチームに迷惑をかけるようなことになりかねません。野球協会ばかりでなく、少年野球、ママさんソフト等大きな打撃を受けます。ただし、この検討委員会で作成した利活用構想は、今年からすぐ実行されるものではありません。まだまだ先の事だと思いますが、今から何等かの方法を考え、検討していかなければならないと思っております。

今年も全清田軟式野球協会は、清田区が主催・協賛するあらゆる行事に関心を持ち、清田区発展のため、地域ボランテイア活動等に積極的に参加していくつもりでおります。
また、スポーツを通じて青少年の育成にも貢献して参ります。

 今年もよろしくお願いします。

                  全清田軟式野球協会会長  佐 藤 博 之





メインメニュー